FC2ブログ

日々戯言。

もっともっと、色々感じたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ひとり。

※前回の記事に、追記しました。良かったらどうぞ。





足下は底の見えぬ闇。

ズブズブと沈んでいく。


助けて、なんて叫べない。

誰に助けを求めればいい?


助けて貰う、貰わない以前に そこじゃん。

大事な人、大切な人を悉く破壊して破棄してきた、愚かなあたしへ相応しい罰。
そうでしょう?

苦しめ。そう耳許で囁くのは誰?

次々と弱さに溢れた言葉を飲み込んで、飲み込んだ弱さに蝕まれる。
内側からじわじわ、じわじわと。

助けて、なんて言えない、言わない。
辛い、なんて言えない、言わない。絶対に。
手なんて伸ばさない、伸ばさない。

手を伸ばしたって、掴んでくれる手はもう一つもないのだもの。
暗闇へ差し出されていた数本の手を、
振り払って 突き飛ばしたのは あたしなのだから。

独りを選んだのは あたし。
闇へ身を投じたのも あたし。

全てはあたし自身が選んだことなのだから。
きっと、逃げ出すことなんて許されない。助かることなんて許されない。
スポンサーサイト
  1. 2007/02/28(水) 02:33:54|
  2. 戯言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。